PLAYER

AKA アカ・シンク(50) CV : 武内駿輔

img_aka_l

オリシア出身。音楽好きが高じて、常にカセットテープで音楽を聴いている。

過去のアーカイア大戦でオリシアの敵国であった軍事国家ヘーレの総統ブラックを追い詰め、失脚に追いやった経緯を持つが、そのことを知っているものは誰もいない。

大戦での戦闘中、自分の不注意で相棒であったアオを失うこととなってしまう。

そのことがキッカケとなり、終戦後は空を飛ぶことをやめ、無人島でひとり相棒の機体を復元していたが、そんな中、浜辺に倒れていた少女と出会い再び空を飛ぶこととなる。

決め台詞は「ぶっちぎるぜ!」

img_pl_firebirdFirebird

BLUE ブルー・サーニ(16) CV : 越乃奏

img_blue_l

オリシア出身の少女。軍での実戦経験はそれほどなかったが、突如現れたクロの進攻によりオリシア軍が窮地に立たされ兵士不足となったことから、オリシア軍が最後の抵抗として配した作戦に若干16歳にして出撃を果たす。

しかし、『紫の悪魔』と称された浮遊機一機の手により部隊は全滅。
このとき、ブルーは奇跡的に致命傷を免れ、偶然不時着した島で、たまたま通りかかったアカに介抱され一命を取りとめた。

ひょんなことからアカと共に二人だけの反攻作戦を実行することとなる。
性格は生真面目。

決め台詞は「任務、執行します!」

img_pl_firebirdtxt_pl_blue_detail

ENEMY

MURASAKI ムラサキ・エドゥ(30) CV:佐々木啓夫

img_mur_l

軍事国家ヘーレ出身。
軍人一家のひとり息子として育ち、英才教育を受けてきたエリート。

尊敬するブラックの指揮する精鋭部隊のメンバーであり、同時に飛翔機のテストパイロットにも選ばれていたが、その花形を後から現れた余所者であるアカとアオに奪われたため、二人に対し激しい劣等感と嫉妬を抱くようになる。

アーカイア大戦時、持ち去られた飛翔機を奪還するためアカ・アオに対して追撃を行うが、アカにより追い詰められ、逆上の末にブーストを連続使用してしまい暴走を起こす。

この時アオによる身を挺した捨て身の攻撃が元で死亡していたはずだが、20年後、『紫の悪魔』としてその姿を現す。

決め台詞は「駆逐する」

KURO クロ・グウロ(23)CV:駒田航

img_kro_l

ブラックが率いるヘーレ敗戦の20年後、
突如として現れた謎の青年。
オリシアにいるすべての人間を『粛正』と称し虐殺しようとする。

SUB CHARACTER

AO アオ・カイセイ(29)

img_ao_l

オリシア生まれ。アカの幼なじみ。
頭が切れ、何事も難なくこなす天才肌だが、特に夢もなく、自分の才能を活かす道を模索し続けており、冗談を言うこともない。
アカとは正反対の性格である。

『夢に向かって突き進む』

自分にはないアカの生き様に興味を持ち、ともに浮遊機パイロットとなった。
アーカイア大戦時、暴走したムラサキに狙われたアカを庇う形で死亡している。

決め台詞は「ナンセンス!」

Dr.BROWN ブラウン博士

img_bro_l

軍事国家ヘーレ出身。
「人が空を飛べるような世界を作る」という大きな夢を叶えるため、浮遊機の開発に力を注いだ科学者。
人々を空中移動させるというこの画期的な発明により英雄的存在となった。

飽くなき探求心で宇宙を目指すに至り、その結果、ブレンダーの開発を成功させた。宇宙を目指す浮遊機として開発した実験型浮遊機ファイアバード、ブルーアウルの2機にブレンダーを搭載。
後にこの2機は浮遊機と差別化するため「飛翔機」と名付けられる。

飛翔機開発後、ブレンダーに備えられた成層圏突破用のエネルギー砲であるBOMBを兵器利用しようとするブラックの目論見を知り、飛翔機とブレンダ—設計資料を持って逃げるようアカとアオに促す。

アカとアオの逃亡を手引きしている最中、この行動を察知したブラックに射殺されてしまったため、結局、飛翔機を宇宙へ飛ばすという夢は実現されなかった。

アカが唯一慕っていた人物で、無鉄砲ながらも空というものに真摯に向き合っていたアカをブラウン自身も我が子のように可愛がっていた。