アカとブルーについて

株式会社タノシマスのコンテンツであります『スマートフォン向け縦スクロール型シューティング アカとブルー (以下、アカとブルー)』をお買い上げいただき、誠にありがとうございます。

 

『アカとブルー』をお買い上げいただきましたみなさまに重要なお知らせがございます。

 

これまで、『アカとブルー』について不具合対応を行ってまいりましたが、配信開始から約5ヶ月が経過し、直近の1ヶ月間においては不具合に対するご報告が1件もない状態が続きましたため、現在配信されております Ver1.1.1 を FINAL版 とし、仕様変更および機能追加における対応は今後一切行わないものとさせてただきます。

 

今後、我々タノシマスは『アーケード向け縦スクロール型シューティングゲーム アカとブルー Type-R (以下、Type-R)』の開発に注力いたします。

 

『アカとブルー』および『Type-R』ともに、開発においては同一のプログラマーが1人で対応を行っております関係で、『アカとブルー』のアップデート対応を行いますと、ご期待いただいております『Type-R』の販売時期に遅れが生じる、製品としての品質が維持できなくなるといった弊害がでることが予想されるため、このような発表をさせていただきました。

 

本日(2018年1月29日)より、『アップデートのご要望』についてのサポートは一切行わず、『不具合について』のみサポート対応を行います

 

※ストアや公式サイト内に記載されております推奨端末や動作確認済み端末において、進行不能などの弊社が致命的な不具合と判断できるものについては引き続き対応を行います

 

是非、『Type-R 』にご期待いただき、みなさまのご理解、ご協力をいただけますと幸いです。

 

今後とも、株式会社タノシマスおよび『アカとブルー』、『Type-R』を宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社タノシマス

代表取締役 木村浩之

Permalink | 2018/01/29 + KMR

Unityマニアックス内容ご紹介

ご無沙汰しております、プログラマーの藤岡です。

いよいよ明日デジゲー博2017の開催となります。

弊社では前回の告知通りで技術合同誌の頒布がメインとなっております。

内容について触れますと、今回弊社の「アカとブルー」における「オブジェクトプーリング」設計を掲載しています。

『Unityでオブジェクトプールなんて当たり前だしチュートリアルでもあるし今更…』

とUnityに触れている方は思われるかもしれませんが

今作ではその「当たり前」を「アタリマエ」の範疇で私の知識の限界まで突き詰めています。

サンプルプロジェクトもgithubの方にMITライセンスでご用意しましたので是非触れて頂ければと思います。

↓こんな感じでSortingOrderも動的に制御されます↓

 

設計がメインなので実行結果は非常にチープですが、

中身を見て頂ければコレだけを表現する為に非常に「くどい」コードとなっていることがわかります。

オブジェクトが数百、数千となった際にこの「くどさ」はモバイル環境において歴然たる差を叩き出すことを

「アカとブルー」において証明していると確信しています。

(コリジョンや加算描画等あるので本誌の内容だけではアカとブルーは実装できませんが…)

 

 

イベント当日はiPhone5Sと同等のチップであるiPad Mini2での展示を今回も致します。

本誌のご購入を検討してくださっている方は是非実際の動作もご確認して頂ければ幸いです。

勿論告知どおり私以外にも現役エンジニアの方が執筆された内容がございますので、そちらもご期待頂ければ幸いです。

 

明日11月12日(日)、秋葉原UDX2階F-13abにてお待ちしております。

Permalink | 2017/11/11 + フジオカ

11月12日デジゲー博へ

いよいよ今週末の開催予定のデジゲー博2017にタノシマスが出撃します!

 

2017年11月12日 11:00~16:00

秋葉原UDX2階 アキバ・スクエア + 4階 UDXギャラリー

タノシマスのブースの場所は2階入り口からまっすぐの突き当たり奥の『F-13ab』となります。

 

 

 

デジゲー博2017のタノシマスブース詳細は以下のようになります。

 

1.技術合同誌『Unityマニアックス 書籍版』の頒布

  

頒布価格 2000円

全112ページ 表紙+背表紙のみカラー(中身は白黒) となります。

現状、Unityマニアックス 書籍版はデジゲー博2017以外での頒布予定はございませんので、是非、ご興味のある方はタノシマスブースにてお求めください。

※ 完売となっても一切増刷いたしません。数に限りがあり、冊数はそれほど多くはございませんのでご注意ください
※ あくまでも技術書であり、アカとブルーの設定資料や表紙、背表紙以外にイラストが入るといったことはございませんのでご注意ください

 

 

2.アカとブルーオリジナルサウンドトラック CD版 DX.Verの販売

販売価格 3000円 (税込)

ご好評につき、現在市場在庫がなくなりつつある『アカとブルーのオリジナルサウンドトラック CD版』を5枚限定で販売いたします。

デジゲー博2017でご購入いただきました場合、アカとブルー販促用ポスター2種セットをポリ栓付紙管に入れて付属。

さらに、配布済みにて無くなりつつある『サントラ販促用のフライヤー』も同梱!

(そして、みなさんが欲しいかどうかわかりませんが、タノシマス代表のサインカードもお付けいたします)

 

↑ポスターイメージ
↑フライヤーイメージ
※サウンドトラックの価格が通常よりも高くなっておりますが、こちらは付属のポスター代ではなく、イベントにて歩きまわる際にポスターが痛まないようにするためのポリ栓付紙管代を含めております。ご了承ください。

 

 

3.アカとブルー Ver1.1.1の試遊台の設置

絶賛配信中の『アカとブルー』のiOS版を2台設置いたします。(iPadMini2、iPad第5世代)

全ステージが解禁された状態で展示いたしますので、是非、プレイしていただければと思います。

 

 

EX. 技術合同誌『Unityマニアックス 電子書籍版』の配信

販売価格 1800円 (税込)

全112ページ 表紙+背表紙のみカラー(中身もフルカラー) となります。

こちらはデジゲー博2017に直接は関連いたしませんが、同日からbootleg!storeにて販売を開始いたします。

当日、どうしてもデジゲー博に来れない方や遠方の方などは、是非、こちらの電子書籍版をお買い求めいただければと思います。

▼bootleg!storeはコチラ▼

※ 内容は書籍版と同様のものになります

 

 

タノシマスからのお願い

タノシマスは商品の販売を行うのは初めてなので、きっと当日は手際が悪かったりするかも知れません。

そこでいくつかお願いがございます…。

・つり銭が出ないよう商品代金をお支払いいただけますようご協力をお願いいたします

・商品への要望、ゲームの仕様確認などのお声掛けはお控えくださるようお願いいたします

※どうやったらゲームが買えるのかや遊び方についての質問、励ましのお言葉は大歓迎です

 

当日は、Unityマニアックスの著者たち4人が一所懸命に応対してくれると思います。

(もしかすると代表のドッペルゲンガーが会場内で見えるかもしれませんが、気のせいです…)

 

 

それではみなさま、

2017年11月12日11:00より、秋葉原UDX2階!

入り口からまっすぐの突き当たり奥の『F-13ab

 

タノシマスブースで

お会いいたしましょう

 

よろしくお願いいたします。

Permalink | 2017/11/08 + KMR