さあ、行こうか

『アカとブルー タイプレボリューション』をJAEPO2019に遊びに来てくれたみなさま、そして、展示にご協力いただきました関係各所のみなさま、本当にありがとうございました!

みなさまのおかげで2018に引き続き、2019も、裏側では爆笑エピソード満載で無事に終えることができました

どうも!タノシマスの木村です

いやぁ…今回も駆け足での展示ということで、相変わらずいろいろとありましたが、終わってみればそれなりに好評で一安心!

ホント、一安心です…

いつもそうなのですが、やはり人前にお披露目となると、それなりに緊張もしますし、不安もあります

やっぱり胃が痛くなりますよ?

こればっかりは何回やっても慣れませんし、慣れることはないですね…

さて、藤岡くんからも先日、レポートがありましたが、僕もちょっとだけ、彼とは違う視点でJAEPO2019のお話を書いてみます

それは、あの光景が

『当たり前ではない』ということ

みなさん、よく考えてみてください(真顔)

あの場に見た目は旧式でも、中身は最新型のVEWLIXが8台も存在してたんです

(元々は10台あって、スペースに収まりきらず、2台をバックに下げていたんですよ)

 

(ありがたいことに朝イチから行列ができました)

しかも、その筐体を準備していただいた のは販売元であるタイトーさんでした!

どうせミカドから持ってきたんでしょ?なんて思った方はハズレ!

いえいえ、そんなことはないんですよ

仮にそうだとしたら、10台も稼働できないんですから、商売あがったりだしミカドの一画が空になっちゃいます

思い起こせば昨年の12月

僕とゲーセンミカドの店長であるイケダさん、exA-Arcadiaのボスであるエリックの三人でタイトーさんに『VEWLIXを10台貸してください!』ってダメもとでお願いしに行ったんです

 

(あの日は寒かったなぁ…)

正直、タイトーさんもJAEPOにはゲームを展示しますし、見方を変えれば僕らは『敵』とも取れますよね?

しかも、こちらは昨年ちょっとJAEPOに出た程度で、大きな実績もないポッと出のおじさんですよ?

そんな僕らは、大手企業から見たらどう考えても怪しいに決まっています…

だからせめてね、少しでも信用してほしくて、社長が3人スクラムを組んで向かうことにしたんです

当日、イケダさんと新宿で合流、

傍から見たらタダのおっさんだぜ?とか、こんな怪しい3人組を信用してくれますかね?

いや、多少信用してくれているから呼んでもらえたんだよ!

とかコソコソ言いながら受付に向かってたわけです

(モチロン、飛び込みじゃなく、事前にアポイントを取ってます)

そしたら、受付に辿り着けずに困ったりね…

エリックは電車乗り間違えて遅刻するしね…

相変わらず、普通にはいかないわけですよ

そんな僕らを予想外の形で迎えてくれたのがタイトーさんでした

『アーケード事情を盛り上げるなら、喜んでお貸しします!』

ホッとしましたよ…

神、降臨!くらいの勢いでした…

僕らの心配を他所に、しっかりと話を聞いてくれて、VEWLIXも10台貸してくれることに…

だって、ダメだったらVEWLIXを全国から搔き集めてこないといけないんですよ?

12月ですよ?お母さーーーん!?な状態のわけです

いや、それまで何してたんだよ?って話になるかもしれませんが、僕らは今回開発に専念させていただき、筐体の貸し出し依頼の部分でしか協力できていませんが、

それまでだってイケダさんをはじめ、その他の関係者の方々が必死になって会場を押さえるのに取り組んでいたり、さまざまな苦難を乗り越えてきてくれたんです

(そのあたりはミカドのブロマガを読んでいただいている方はご存知だと思いますが、いろんなドラマが展開されてましたね…)
※有料ですが、もっとディープなオモシロ裏話が読める!ミカドのブロマガは⇒コチラ

(イケダさんです)

帰り道、『ダメもとでも、ちゃんと言ってみるもんだね』って3人が心弾ませながら会話をしつつ、それぞれの持ち場へ帰って行ったのです

誤解されがちですが、僕らにはコネも何もないんです

 

割と毎回ドキドキしながらアレコレ綱渡りでやってます(笑)

(熱意だけで突き進んでいるにすぎません)

(こうやって並んでいるのを見ると、壮観ですよね)

そして、会場ではさまざまな新作、参入企業様の発表があり、気が付けば展示筐体にタイトルが入りきれないほどの活気ぶり!

※参入企業や発表タイトルが気になる方は、exA-ArcadiaのTwitterをフォローして最新情報を入手!⇒コチラ

こんな風に、企業の垣根を超え、さまざまな方たちが協力し合ってJAEPO2019の一画にゲーセンを作り上げることができたんですね~

筐体を貸していただいたタイトー様をはじめ、関係者のみなさま、本当にありがとうございました!

 

。・

『アカとブルー タイプレボリューション』は数あるタイトルのひとつかもしれません

でも、参入を表明されている企業も凄ければ、発表されたタイトル、展示されていたタイトル、すべてが熱意のこもったスゴイものばかりなんです!

こんな裏側があったり、こんなにいろいろ揃っちゃったら、そりゃね… 失敗できませんよ?

胃が痛くなるってもんです…

はい、こんな感じで、いろんなミラクルや熱意の結集体の上にあの展示はあり、みなさんに喜んでいただくことができました

決して当たり前なんかじゃなく、会場に来てくれたみなさんがすべてを後押ししてくれて完成したミラクルコラボゲーセンなんです!

(僕もちょっとだけですが、盛り上げるのを頑張りました)

また振り返りますが、

2018のJAEPOは1つの筐体1つのタイトルだけしか展示できませんでしたが、そのミッションを10日で完遂させるべく、いろんなミラクルを起こしました

昨年も企業の垣根を越えて、さまざまな方たちが展示用の筐体をカンパで買ってくれたり、ゲーセンに活気を!といろんな方々が支えてくれたのです

(すべてはここからはじまった!昨年はブルーがいましたね!)

だから、終わった後に思ったんです

斜陽? いやいや、ミラクルが起きたよ!

こんなミラクル、来年もできたらいいな!

垣根を越えてひとつのことを達成するって、こんなに面白いんだ!ってね

想えばなんとかなるもんですね!

2019も熱いメンバーが集まって、8台の筐体とタイトル数もいくつあんの?ってくらいいっぱいあって、またミラクルが起きました

もっと多くの方が、僕たちにミラクルを起こしてくれって想ってくれたら、もっと面白いことができるかもしれません

(ネガティブなことを言ってもなにもはじまりません…)

最後に、

『アカとブルー タイプレボリューション』のキャッチコピーなんですが、愛すべきゲーセン好きのみなさまに捧げたく、僭越ながら掲げさせていただきました

– さあ、行こうか -・

– さあ、行こうか –

・- さあ、行こうか –

この後ろに付け加えたい言葉は、人によってさまざまかと思います

 

ゲーセンへ!

みんなで遊ぼうぜ!

なんでも良いんです

現在だからこそ、隣の誰かに言ってほしい言葉なんじゃないかと思うんです

とにかく、タノシマスは思います

– さあ、行こうか –

みんなが集う、あの頃に戻れるあの場所へ

(キャンペーンガールをやってくれた方々も、みんな良い人ばかりでした)

為せば成る!やってできないことはない!やらずにできるはずがない!

改めまして、みなさま、本当にありがとうございました!

是非、exA-Arcadiaとその他のタイトルも応援してください!

何卒、よろしくお願いいたします

 

(まだ読んでない方は、藤岡くんのJAEPOレポートも是非!⇒コチラ
Permalink | 2019/01/31 + KMR

JAEPOで並べて見えること、変えたこと

JAEPO2019が終わりました。

展示にご尽力くださった方々、関係者の皆様、ご来場くださった皆様
改めましてありがとうございました、プログラマーの藤岡です。

 

今回はexA-Arcadiaにタイトルが続々と参入することになってプラットフォームとして盛り上がりを見せる中
デベロッパーとしては考えることが多かったです。

今年は我々だけでなく多くのゲームが展示されていて、他のゲームと並んだ時にどう見えるか?
それは今回のJAEPOで初めて本ちゃんに近い状況が見えていました。

セレクト画面でサイヴァリアデルタの曲がすごいキャッチーだなとか
食魂徒の止め絵のグラフィックが映えるなとか
Akyliosは海外のバーケードのような薄暗いロケーションほど映える輝度だなとか
ブラウン管筐体じゃドット絵が強いだろうなとか
2Pプレイは海外で人気出るだろうなとか
ストラニアを若い女性団体が遊んでいたとか
ヴリトラのメニュー画面がオサレ過ぎてついにタイトルコールのボイスが入ってたとか
NIPPON MARATHONの犬はなんでこんなイケボなのかとか

 

ロケテとかはお客さんのプレイしている姿を観てゲームバランスやインカム効率を調整する、といったイメージがあるかもしれません。
どちらかというと出荷された後のロケーション(環境)に近い場所での見栄えや音響、あるいは長時間の稼働や運用を確認する側面の方が強いです。

レベルデザインのテストプレイは乱暴に言うと人さえ用意すればデータは取れますが
製品として運用されるロケーションのシミュレートが出来る機会は非常に限られています。
特にリリース前の各タイトルが足並みを揃えて、同じ場所にあの数の筐体を準備・運用される機会は年に1度あるかないか。
リリースするまでもう日本であの数が揃うことはないと思っています。

 

今回アカとブルーのSEを担当してくださっている佐藤豪さんは池袋ゲーセンミカドでのロケテと今回、
展示される度に筐体から流れる音を録音しにきてバランス調整の資料としています。
豪さんだけでなくWASi303さんは勿論のこと、ヨナオケイシさん、そしてFantom irisの方々といった
自身の音が流れるサウンドの方は、今回に関わらずほぼ100%現場にいらして自身の耳で確認しています。
やはりそういった姿はプロとしての仕事を強く意識するところであります。
アカとブルーのテクスチャのクオリティアップをしてくださった叢雲さんの代表の方も、決して短くない時間、筐体を見つめていました。

今回TAITO様からお借りしたVEWLIXは液晶が最新のものだったそうで
従来のものより解像度は勿論、コントラストが強いのが印象的でした。
アカとブルーは立体感を出して欲しいという意向があった為に陰影を強めに出していて
今回影の暗い部分が結構黒くつぶれてしまい少し悩まなければならないところです。
その点、食魂徒の高精彩なキャラクターイラストには非常に恩恵があったように感じます。

 

 

アカとブルーの話になりますが、アーケード版にあたって私の方でいじった部分として画面の彩度を上げています。
JAEPO会場でも少しお話したのですが、スマホの液晶は通常の液晶に比べて非常に発色が高いので
スマホ版のゲーム画面は結構くすんでいるのです。

今回アーケードで大画面、なおかつ薄暗いロケーションでの稼働を意識して彩度を上げました。
特にCRTモニタは発色が良くないので、テストモードでさらに補正が出来るようにもします。

また夏頃から弾の下敷きをよりビビットに、多重に重なった状態が柔らかくなるようにしてかつ、
ややショッキングなギラついた感じを出してアーケードシーンにローカライズしています。

その他一部ブルーム(発光のにじみ)やエフェクトのモデルへのめり込みを馴染ませたり
負荷の関係上、スマホ版ではオミットした表現も追加しています。
ボスモデルのディテールアップに伴い、エッジラインはスマホ版より細くなりアンチエイリアスの恩恵を得ています。

2面のムラサキは3D化に伴って巨大化したり色々専用で特殊効果を付与されて今の形になっています。
とはいえ昨今の市場の技術レベルを考えると特別凄いことはしていません。
ちなみに夏のロケテ時点ではムラサキは発光なし残像無しの素の状態でした。

 

また今回BOMBのHITエフェクトが更新されていたのに気付きましたでしょうか?

半年前ぐらいから木村より変えて欲しいと言われていたのですが、絵素材がないと放置していました。
JAEPOは商談兼ねるから間に合わせて、とのことで今年に入ってから重い腰を上げました。
(ブルーアウルもアメリカで総スカンを食らい、新規にミサイルのモデルを用意してもらっていた状態で着地点がわからず
4ヵ月ほど放置していたのですがその話はまたいずれ)

 

 

上記で述べた一つ一つの細かな変化や調整は並べて見ないと実感しにくいかもしれませんが
今回ゲームバランス以外の部分の印象で「去年よりアーケードらしくなった」と評してくださった方がいたのは素直に嬉しく思います。

 

 

アカとブルーはアーケードでもアタリマエを目指しています。
3Dの出撃のカットシーンなんて、サイヴァリアも雷電Ⅲも斑鳩もありました。
10年以上前のアーケードシーンから存在するものです。

蛇足ですが今回の出撃と出発のカットシーンはそれぞれ別のオマージュで、元となったカットは世界中の誰よりも私が愛しています。

 

発売までもう少し、是非我々だけでなくexA-Arcadiaまるごと応援して頂けると嬉しいです。

 

Permalink | 2019/01/30 + フジオカ

大決起会

どうも、ご無沙汰しております。

タノシマスの木村です。

さて、2017年に引き続き、2018年もいろいろとありました。

そんなこんなをいろいろと話しつつ、来るべき2019年へのアレやコレやに向けて決起を図りたいと思い、平成最後と言われている今年の年末も性懲りもなく帰って参りました。

 

というわけで、やります!その名も

 

『タノシマス 大決起会』

【タノシマス 大決起会】

12月22日

新宿ネイキッドロフトにて開催 ⇒ アクセス

OPEN 18:00 / START 18:30

■チケット購入はコチラ■ ※チケットは前売り3500円 当日は4000円(1ドリンク制)

入場特典:オリシア軍マークのいろんな色のステッカー詰め合わせセット

 

 

 

【イベント概要】

『アカとブルー』を遊んでいただいている方々、これまで制作に協力していただいている方々や現在も制作に協力していただいている方々など、多くの方々に支えられながら現在も活動しているタノシマス。今回は過去二回開催されたトークライブとは一風変わって、時事ネタをかなり減らし、主に現在鋭意開発中の『アカとブルー Type-R』の開発進捗をお伝えしつつ、いろんなオモシロ話をしようと思います。

開発末期であることや予算の問題といった大人の事情もあり、今回も事前ゲストの告知予定はございませんが、いつものスタメンでお送りしていきます!

※関係者で、当日オレちょっとゲストで話したい!という方がいらっしゃいましたら、木村までご連絡ださいませ

スタメン:

木村浩之(タノシマス)

藤岡裕吾(タノシマス)

イケダミノロック(高田馬場ゲーセンミカド)

WASi303(サクセス)

★物販情報★

全商品、会場限定販売

また、全商品、ご入場いただいた方のみ購入可能となります

■Type-R ファイアバードスタイル スマートフォンカバー (iPhone7,8専用)

スマートフォン版 『アカとブルー』 リリース一周年+αのメモリアルの意を込め、当時の最新機種であったiPhone7向けのカバーを制作! スマートフォンからアーケードへ!という『行けるって強く念じろ!そうすりゃ行ける!』というアカの台詞をなぞった精神で、Type-Rに登場するファイアバード(mk-Ⅱ)をモチーフにいたしました。

※販売数:5セット限定

販売価格3000円

  

豪華!専用のクリアケース封入!

ケースにはワイヤーフレームで表現されたファイアバードとアカのシルエットを印刷!

購入者にはタノシマスロゴが印刷されたミニトートバッグもプレゼント!

■Type-R ファイアバードスタイル アクリルICカードケース (アカとブルー meets exA-Arcadia)

昨今のアーケードシーンではカードが必要になることもしばしば。そんなわけでアクリル製のカードケースを制作しました。スマートフォンカバーと同様の精神で作られたため、デザインは同様のものを踏襲。

※販売数:30セット限定

販売価格2000円

  

アカのシルエット部分が透過されたデザインなので立体感UP!

exA-Arcadiaとのコラボモデルということで、付属でシリコン吸着タイプのホロコーティングexAカードが封入!

重ねた状態! POWER TO THE EXAを表現するため、アカのハートとファイアバードのブレンダー付近にexAロゴを配置!

もちろん!Suicaや会社のカードキーなんかもイン可能!

 

■25mmサイズ  アカ(赤)&タノシマスブラック缶バッジセット

こちらは出演者に1つ何かを奢っていただけるごとに必ず1セットプレゼントいたします。過去に販売、配布された缶バッジと組み合わせるとオシャレになること間違いなし(?)また、1奢りごとに抽選券を1つ差し上げます。過去のトークライブ同様、レアグッズが当たりますので、是非是非、楽しく飲みましょう!

※奢り可能な演者は当日お知らせします

物販商品をスムーズに且つ円滑にみなさまのお手元に届けられますよう、可能な限りお釣りが出ないようお金をご準備いただくなど、ご配慮をいただけますと非常に助かります。

 

 

※グッズ制作・販売はタノシマス許諾の基、叢雲株式会社さんが担当しております

そんなわけで、上記のグッズが欲しい!という方、今年のクリスマスは3連休で予定を埋めるのがつらいという方、タノシマスやイケダさん、WASiさんのご機嫌なトークを聴きたい方はスケジュールが空いていれば是非!タノシマス 大決起会に遊びに来ていただき、ゲーセンの明日に向かって決起をいたしましょう!

そしてもう一つ!

大決起会の翌日、新宿ネイキッドロフトからほど近いBAR 16SHOTSさん主催のクリスマス恒例行事!DDB2018が開催されます。

こちらに出演するバンドの中で『アカとブルー』から何曲かナンバーが披露される予定だという情報をキャッチしております。

その他、さまざまなアーティストたちが多数結集して素晴らしい夜を彩ってくれると思いますので、是非、こちらのライブイベントにもお越し下さると嬉しい限りです。

大決起会に遠方からお越しの方は、滞在日時をちょっと延ばして、遊びに来るなんてのも良いかもしれません。

( おそらくですが、大決起会出演陣は全員いるんじゃないかな… )

最後に大決起会におけるお約束を念のため掲載しておきます。

【イベント注意事項 ~その①~ 会場内での撮影などについて】

当日の会場内での写真、動画撮影および音声の録音といった行為は一切禁止とさせていただきます。

(ライブ内容をSNSへアップロードすることも禁止行為となります)

【イベント注意事項 ~その②~ 出演者へのサインや写真撮影の要望について】

本イベントはあくまでもトークライブであり、サイン会や撮影会といった類のイベントではございません。

イベントを円滑に進めていくにあたり、当日は出演者およびゲストへの個人的な声掛け、サインや写真撮影の要望を行う行為はご遠慮ください。

上記についてご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

Permalink | 2018/12/13 + KMR