いよいよ今週末開催

【タノシマス 夏の中間決算報告会】

8月25日

新宿ネイキッドロフトにて開催 ⇒ アクセス

OPEN 18:00 / START 18:30

 

いよいよ今週末

新宿ネイキッドロフトにて完全クローズドトークライブ

『タノシマス 夏の中間決算報告会』を開催いたします

【チケット購入】

現在8月20日時点ではまだチケットが完売していない状況のようですので、是非是非、遊びに来ていただければと思います。

※チケットは前売り3500円 当日は4000円(1ドリンク制)

入場特典:オリシア軍マークとタノシマスのなんて書いてあるかわからないロゴステッカーセット

 

 

→チケットやイベントの詳細はコチラ←

【イベント概要】

2017年8月にリリースを開始したアカとブルーも、みなさまに支えていただいたおかげで1周年を迎えることができ、我々タノシマスは『現在』も活動できております。

そんな支えてくださったすべてのみなさまに感謝の意を込めて『タノシマス 夏の中間決算報告会』を開催します!

基本的には昨年の『歳末!タノシマス大謝恩会』と同様、2018年1月より現在に至るまでの裏話がメインとなり、JAPAN Game Music Fes Ⅱ:re(通称JGMF)やJAPAN AMUSEMENT EXPO (通称JAEPO)などの表では話せないオモシロ裏話を皮切りにいろんな話が飛び出します。

今のところ昨年末のようなシークレットゲストの発表がありませんが、今回はランブル形式を採用し、トピックに纏わる方が会場にいた場合、その方をゲストとしてピックアップする予定で、みんなも良く知っているアノ人や͡コノ人も登場予定(?)なので、是非、お楽しみに!

スタメン:

木村浩之(タノシマス)

藤岡裕吾(タノシマス)

イケダミノロック(高田馬場ゲーセンミカド)

WASi303(サクセス)

★物販情報★

■アカとブルー Type-R オリジナルピクチャーポスター

販売価格1000円 ※梱包用のフルート箱封入済での販売

■100mmサイズ アクリルフィギュア『ブルー・サーニ ライブスタイル』

販売価格1500円 ※販売数少 ※先着購入特典有

 

先着購入特典のエンブレムミニチャーム

※ 先着購入特典は1会計につき1点のプレゼントとなり、数に限りがございます

■ HMR サウンドトラックスタンド

販売価格2500円 ※販売数極少

 

 

 

 

 

■『 アカとブルー × O.T.K. × HMR LIVE FULL THROTTLLE 』コラボTシャツ

販売価格3500円 ※Mサイズ3枚のみ

■『 アカとブルー × O.T.K. × HMR LIVE FULL THROTTLLE 』ポスター

2000円 ※販売数極少

■『 アカとブルー × O.T.K. × HMR LIVE FULL THROTTLLE 』パンフレット

2000円 ※販売数極少

■『 アカとブルー × O.T.K. × HMR LIVE FULL THROTTLLE 』リハーサル音源CD-R

1500円 ※販売数少

O.T.K.によるメニュー曲『CASSETTE CORDER』やステージ5曲『BREAK THROUGH』のアレンジが聴ける現時点で唯一のCD

■『 アカとブルー トリビュート ロケテスト盤 』

1500円 ※先行販売

高田馬場ゲーセンミカドによるプロデュースで制作 WASi303さんの楽曲を基にFANTOM IRISが独自の解釈でアレンジしたものを収録

物販商品をスムーズに且つ円滑にみなさまのお手元に届けられますよう、可能な限りお釣りが出ないようお金をご準備いただくなど、ご配慮をいただけますと非常に助かります。

在庫についてですが、販売数少の注意書きのある商品はご来場いただいた方全員がなるべく購入可能な数をご用意していますが、複数買いが多かった場合には品切れになる可能性がございます。その他、販売数極少となっている商品については製造上の問題でご来場いただいた方全員分の数はご用意できないものになると思いますので、早期に品切れになることが予想されます。気になる商品がございましたら、是非、お早めにご購入いただけますと幸いです。また、上記のグッズはトリビュート以外、すべて会場限定販売となっております。本ライブ以外での販売予定はなく、入場いただいた方のみ購入可能となります。こちらも併せてご注意いただけますと幸いです。

 

その他、タノシマス側の『レアモノプレゼント企画』なのですが、我々演者にお酒を奢っていただくとクジと粗品がもらえ、当たりが出ると実際に使用されたアレのポップやお祝いでいただいたアレ、タノシマスおじさんのサイン入りのソレなど、当日会場でのみ公開するレアモノがもらえるようにしたいと思っています。

そんなわけで、上記のグッズが欲しい!という方、タノシマスやイケダさん、WASiさんのご機嫌なトークを聴きたい方はスケジュールが空いていれば是非!タノシマス 夏の中間決算報告会に遊びに来ていただければ嬉しい限りです

 

最後にお約束を念のため掲載しておきます。

 

【イベント注意事項 ~その①~ 会場内での撮影などについて】

完全クローズドのトークライブとするため、当日の会場内での写真、動画撮影および音声の録音といった行為は一切禁止とさせていただきます。

(ライブ内容をSNSへアップロードすることも禁止行為となります)

 

【イベント注意事項 ~その②~ 出演者へのサインや写真撮影の要望について】

本イベントはあくまでもトークライブであり、サイン会や撮影会といった類のイベントではございません。

イベントを円滑に進めていくにあたり、当日は出演者およびゲストへの個人的な声掛け、サインや写真撮影の要望を行う行為はご遠慮ください。

 

タノシマスはトークライブを恒例行事とすることを目指しています。

クリーンにイベントをこなすことができれば、来年以降もゲストを呼んだり、会場でしか聴けないトークを展開するといったことができるようになり、おもしろいものになっていくと思います。

 

上記についてご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

Permalink | 2018/08/20 + KMR

グッズの販売について

★2018年8月14日更新!

どうも、タノシマスの木村ことKMRです

8月25日に開催予定の完全クローズドトークライブ

『タノシマス 夏の中間決算報告会』にて販売されるグッズ情報をまとめていきます

※情報が更新され次第こちらのブログでも内容を更新していきます

今年は叢雲株式会社さんと高田馬場ゲーセンミカドさんのご協力のおかげで『歳末!タノシマス大謝恩会』よりも物販で取り扱われるグッズ類が増えておりますが、どれも少数製造になっており、会場限定販売となる予定です

先ずは入場特典になります

■オリシア軍マークとタノシマスのなんて書いてあるかわからないロゴステッカーセット

ご来場いただきましたみなさまにもれなく1セットずつ無料で差し上げます

※昨年の入場特典のバッジよりは製造数が少なく、お土産に持って帰りたい!もうひとつほしい!という要望にはもしかしたらお応えできないかもしれません

■アカとブルー Type-R オリジナルピクチャーポスター

販売価格1000円

佐悠さんがJAEPO 2018用に描き下ろした画をマットな質感の用紙をチョイスすることで高級感を出しつつ、ほぼそのままポスター化!

はい、拡大するとこんな感じに見えます!白い部分はマットなので照り返し無しで、インクがのった部分だけが照り返すこの高級感

是非、お部屋に飾ってみてはいかがでしょうか?

※お持ち帰り用の梱包材が付くようです

■100mmサイズ アクリルフィギュア『ブルー・サーニ ライブスタイル』

販売価格1500円

タノシマスと佐悠さんがずっと作りたかったアクリルフィギュア… 約9か月の時を経てようやく実現!

6月30日に行われた『 O.T.K. × HMR LIVE FULL THROTTLLE 』の興奮を再び!

見よ!この厚み!

抜き部分の透明度や彩色部分の発色にこだわって制作されており、クオリティーは申し分なしでございます!

ただでさえ豪華なのに、こちらの商品は先着購入特典も付くようです

数が無くなり次第終了になりますが、アクリルフィギュアをご購入いただくとオリシア軍マークのアクリルミニチャームがもらえるそうですので、こちらも併せて欲しいという方は、入場後、お早めにご購入下さい

※ 数に限りがございます

もしも!もしもですよ? 本気でミニチャームが無くなってしまったらステッカーの詰め合わせがもらえます!

■ HMR サウンドトラックスタンド

販売価格2500円

パーツを組み合わせることで完成する木製のサントラスタンドになります

※叢雲さんとの長時間に渡る協議の結果、コレはサントラスタンドであるということにしていただきました(力業且つ悪のスタイル)

このスタンドにWASi303さん謹製!『アカとブルー オリジナルサウンドトラック』のCDタイプやカセットタイプ、『アカとブルー Type-DCSG』を装着することで完成系となります。

カセットタイプはちゃんと横置きもできます

しかもこのスタンド、タブレットを充電しながら立てられるようにも工夫されており、いろんな用途にご利用いただけます

なんと!Nintendo Switchを縦置きにして、縦スクロール型のシューティングを遊んだりもできます!

※画面はスマートフォン版アカとブルーの画面をはめ込み合成したものです

こちらの商品はかなり数が少ないと伺っていますので、お早めにどうぞ!

これらのグッズについての続報は叢雲株式会社さんのTwitterにて順次公開中です

叢雲株式会社公式Twitterへは下の画像からジャンプ!

そしてもうひとつ、新たに物販に参入してくれることを宣言してくれた高田馬場ゲーセンミカドさんサイドのグッズもご紹介!

■『 アカとブルー × O.T.K. × HMR LIVE FULL THROTTLLE 』コラボTシャツ

販売価格3500円 (Mサイズ3枚のみ)

■『 アカとブルー × O.T.K. × HMR LIVE FULL THROTTLLE 』ポスター

価格未定

実はコレ、非常に数が少なく、僕たちもミカドさんに飾ってあるものを見たことがあるくらいの希少なモノです

■『 アカとブルー × O.T.K. × HMR LIVE FULL THROTTLLE 』パンフレット

価格未定

ライブ会場での写真やライブ後のオフショットなどが掲載されているパンフレットになります

こちらもポスターに続いて非常に数が少ないと聞いていましたが、少しだけ増産されたようです

■『 アカとブルー × O.T.K. × HMR LIVE FULL THROTTLLE 』リハーサル音源CD-R

価格未定

O.T.K.によるメニュー曲『CASSETTE CORDER』やステージ5曲『BREAK THROUGH』のアレンジが聴ける現時点で唯一のCDになります

■『 アカとブルー トリビュート ロケテスト盤 』

価格未定

ミカドさんからついに発表になりました『アカとブルー トリビュートアルバム』

こちらの商品は高田馬場ゲーセンミカドによるプロデュースで制作されており、WASi303さんの楽曲を基にFANTOM IRISが独自の解釈でアレンジしたものが収められます

FANTOM IRISはギターのぱっつんさん、ベースのkyo-jiさん、キーボードのじんじゃさん、ドラムの山王さんで構成されたバンドです
(写真はぱっつんさんのTwitterより引用 2016年のもの)

イケダさん、WASi303さんによると、とにかく『音が良い』とのこと

『一体どんな内容になるのか?』

既に公開されていますFANTOM IRISによる『雰囲気がなんとなくわかるかもしれない動画』がありますので、そちらをご覧いただきつつ、ご期待いただければと思います!

その他、タノシマス側もひょっとしたら『一点モノの何か』をいくつかご用意するかもしれませんとしていましたが、一点モノが思ったより少なかったので『レアモノプレゼント企画』をやることにしました

大人の都合でコレ!と言えませんが、実際に使用されたアレのポップやお祝いでいただいたアレ、タノシマスおじさんのサイン入りのソレなど、当日会場でのみ公開するレアモノをご用意させていただきます

上記のグッズが欲しい!という方、タノシマスやイケダさん、WASiさんのご機嫌なトークを聴きたい方はスケジュールが空いていれば是非!タノシマス 夏の中間決算報告会に遊びに来ていただければ嬉しい限りです

イベント詳細はコチラ

というわけで、中間決算報告会で販売されるグッズの紹介でした!

Permalink | 2018/08/02 + KMR

中間決算報告会

『アカとブルー Type-Rの開発』や『社長業』が立て込んでまして、このブログの更新もだいぶ停まっておりました…

どうも、タノシマスの木村ことKMRです

『お久しぶり』の気持ちも込めてお知らせを交えた前説などをさせていただきます! 早速いきましょう!

昨年にひきつづき今年も開催決定

完全クローズドトークライブ

『タノシマス 夏の中間決算報告会』

はい、今年もやります! 昨年末に開催した完全クローズドのトークライブ『歳末!タノシマス大謝恩会』が大変好評だったため、今回も高田馬場ゲーセンミカドさんからのバックアップを得る形で開催させていただける運びとなりました

いやぁ… とはいうものの、いろんなことをキッチリこなしていくのは難しいですね…

というのが、大謝恩会の時とは裏側の事情が大きく違っておりまして、今回はゲーム開発を行いながらライブの準備もしなくてはならず、さらに、7月18日にタノシマスは事務所を移転してまして、その引越作業もあって『熱中症』などの苦難を乗り越えていたり

実はライブ開催決定の告知用のイベント内容も次元の狭間で書いてしまっていたので、あんな恥ずかしい文章になってしまいました

出演者のWASi303さんに至っては、ライブ開催決定のお知らせで自分が出演することを知るという失礼極まりないウルトラCをかましていたり、アレコレ全然間に合ってないのが実情です

※WASi303さんはとある企業の偉い方なので、良い子のみんなはマネしちゃダメだよ

そんな実情もあり、これを書きながらトークライブ用の資料作成も焦りつつ進めていますが、大謝恩会の時に終電で帰らなくてはならない方々が出てしまったので、なるべく開催時間内に終わらせられるよう『トーク内容を短くまとめる作業』をしているのですが、

 

いざやってみると結構難しい!

 

努力はしている!

 

でも、難しい!

 

いや、前回の大謝恩会だってね、ライブ開始時刻を早めたり、脳内でトーク時間をシミュレートしながら資料作りをしたりと僕らなりの努力はしてたんですけど、タノシマス側がトークライブというものに慣れておらず、時間配分が下手だったり、話したいことの取捨選択ができなかったりと、まだまだうまくやれない部分は多大にあるのです

そういったこともあり、いっそのこと話す内容を大幅に減らすんだ!と、報告会の企画段階では大謝恩会のような全部を話すスタイルをやめて、毎月1つのテーマを上げて話をすることにしたんですけど、実際に資料作成に入ってみると、最初の1月から起きた出来事の内容が濃すぎて短くまとめるのが困難な状況で…

※一体どんだけ平和じゃないんだよ?

そこで、いろいろと悩みましたが、僕らとしてはせっかく面白い話があるのに削ってしまうのも何か変だし、何よりもみなさまには遠くからご足労いただきお金を払っていただくわけですから、『これは来て良かった!お腹いっぱい!』と思っていただきたく、

いきなりですが仕様変更することにしました!

『毎月1つのテーマを上げて話をする』というのは取り止めて、『1つの大事に繋がるストーリー』を話していくことにし、話術でトーク時間を縮める努力をします

※今回もボリューム満載です

 

ちなみに、最初は『Type-Sはどうなった?』からはじまり『頭文字 J 』というストーリーに続いていきます

最後にグッズについてお話をしておきます

これまた結構無茶なことをやっておりまして、6月30日のO.T.K. × HMR LIVE FULL THROTTLEに遊びにいかせていただいた際、偶然見つけた叢雲株式会社さんに開口一番『時間はないのですが、グッズを作ってくれませんか?』という不躾なお願いをいたしまして、快く(?)だと思いたいですが、訝しげな顔で『やりますか!』と言っていただいたので実現できそうな流れになりました

前々から公言していますが、タノシマスにはデザイナーがおらず、グッズに関する知識もほぼゼロで、増して『実媒体』となるともう何をやったらいいのかサッパリわからないレベルだったので、このように、専門のお仕事をなされている企業様のお力をお借りできることはとにかく嬉しいことだったりします

現在発表済みのグッズは以下の2つ

 

オリシア軍マークとタノシマスのなんて書いてあるかわからないロゴステッカーセット

 

こちらは入場特典ですので、ご来場いただきましたみなさまに1セットずつ差し上げます

スマホに貼るも良し!食べられたくない冷蔵庫のアイスクリームやプリンに貼って『俺のだ!』アピールをするのも良し!

みなさまがどのようなところに貼ったのかをTwitter等にアップしていただければ、それがヒントになって新たなステッカーが販売されるかもしれませんので、もらったらバンバン貼ってバンバン写真をアップしてくださいませ

 

アカとブルー Type-R オリジナルピクチャーポスター

こちらは会場限定で1枚1000円にて販売される予定で、アカとブルーのキャラデザを担当している佐悠さんがJAEPO 2018用に描き下ろした画をほぼそのままポスター化したものになります

お部屋に飾るも良し!筐体の上にインストパネルのように飾るも良し!どこに飾ってもカッコイイ逸品だと思いますので、是非是非ご購入いただければと思います

この他にもまだ発表されていないグッズがまだいくつかありますが、主に叢雲さんが鋭意制作中です!!

こちらのブログでも続報をお伝えしていこうとは思いますが、なにぶん不定期で且つ手が遅いのがタノシマスの弱点ですので、グッズについての最新情報が最速でほしい方は、叢雲株式会社さんの公式ツイッターをフォロー、またはチェックをお願いいたします

叢雲株式会社公式Twitterへは下の画像からジャンプ!

また、叢雲さんとは違う場所からグッズではないもので『しびれる隠し玉』があるようですので、こちらも追加情報が出次第お知らせしていこうと思います

タノシマスがご用意する商品やチケットなのですが、なぜか後ろになればなるほど競争率が高くなる傾向がございますので、気になる方やスケジュールが空いている方はお早めにチケットをご購入いただけますと幸いです

イベント詳細はコチラ

というわけで、中間決算報告会の前説でした!

次回、グッズの続報などでお会いしましょう!

ではまた

 

Permalink | 2018/07/27 + KMR